2011年05月10日

review:小橋陽介展「自画持参」《4/2》

review:小橋陽介展「自画持参」《4/2》

小橋陽介展「自画持参」
NADiff Gallery
東京都渋谷区恵比寿1-18-4-B1F
03-3446-4977
3/24(木)〜4/24(日)月休
12:00〜20:00
小橋陽介110324.jpeg

Yosuke Kobashi; jiga-jisan
NADiff Gallery
1-18-4-B1F,Ebisu,Shibuya-ku,Tokyo
03-3446-4977
3/24(Thu)-4/24(Sun) closed on Monday
12:00-20:00
Google translate



とりあえずどーん!
どんなシチュエーションか分からないんですけど後ろのマス目がとりあえずゴールネットだとしてそのマス目が比較的小さい感じがするからサッカーというよりはハンドボールのゴールネットなのかなということにしておいて倒れ込みシュートを観光すべくゴール前に飛び込んだらリンゴ纏ったキーパーがひょーいって感じで横っ飛びで漂ってきてそれに絶句してシュートできずにそのまま倒れ込む的なイメージがどーん!


小橋陽介_42.JPG



・・・状況説明長ぇよ俺...


もとい、NADiff地下のコンパクトなスペースにいっぱいに溢れる小橋陽介さんの世界。タイトルも「自画自賛」ならぬ「自画『持参』」となかなかにユーモアが効いていて出ていていい感じ、そして何よりそのバイタリティがこの空間に遺憾なく発揮されていてなんとも賑々しい痛快な世界が作り上げられていたのが強く印象に残っています。

お馴染みの自画像はもちろん、自身が登場しない新展開の作品も組み込み、さらにその世界の拡張が試みられていたのも興味深く思えました。


小橋陽介_41.JPG

小橋陽介_40.JPG



壁面いっぱいのサイズの大作。これが圧巻。
境内に自画像をふんだんに画面に登場させ、それぞれがとにかくキッチュでシュールな仕草を繰り広げて生み出されるどうしようもなくコミカルなカオス。そもそも人の背の高さほどの巨大なフランスパンを抱えて堂々と立つ姿の何故にそんなに圧倒的なの、とか、右側に大きく描かれる仏閣の線描の律儀さからこみ上げてくる可笑しみとか、一方でそこかしこに挿入される赤系統の強い色彩のエネルギッシュな感触とか、いろんな要素が天真爛漫に描き重ねられて作り上げられる情景は空間の圧迫感も相まってその独特の雰囲気がいっそう濃厚に凝縮され、ひたすらに高揚感を煽ってきます。


小橋陽介_39.JPG 小橋陽介_38.JPG 小橋陽介_37.JPG 小橋陽介_36.JPG

小橋陽介_35.JPG 小橋陽介_34.JPG 小橋陽介_33.JPG 小橋陽介_32.JPG

小橋陽介_31.JPG



一転、海と空とがひとつの空間に重なったような世界。
沈む青がしっとりとした重厚な静謐をそこに漂わせ、暗い情景がひと味違う気配を届けます。


小橋陽介_30.JPG 小橋陽介_29.JPG 小橋陽介_28.JPG 小橋陽介_27.JPG

小橋陽介_26.JPG



ひとつの壁面に所狭しと飾られる作品群、そのバラエティのさらなる豊かさにあらためて感じ入る次第。さまざまな色彩がひとつの視界に溢れるさまはなんとも痛快です。


小橋陽介_25.JPG 小橋陽介_24.JPG 小橋陽介_23.JPG

小橋陽介_22.JPG



そんななかで、馬をモチーフにした作品が比較的多く発表されていたのも興味深く感じられた次第です。
活き活きとした筆さばきで描かれる馬の姿は精悍、大胆な配色と構図がもとより持ち合わせるキッチュさを保たせ、新たなテイストとともにユニークさも押し拡げられます。


小橋陽介_21.JPG 小橋陽介_20.JPG 小橋陽介_19.JPG 小橋陽介_18.JPG

小橋陽介_17.JPG



これまで自画像で展開されてきたように、ひとつの画面にたくさんの馬の姿を描いた作品も。その賑々しさはモチーフが変わっても痛快極まりなく。さらにダイナミックな動きに満ちた情景となって迫って、ユーモアもキレを保持しながらおおらかに繰り広げられているように思えます。


小橋陽介_16.JPG 小橋陽介_15.JPG 小橋陽介_14.JPG

小橋陽介_13.JPG 小橋陽介_12.JPG 小橋陽介_11.JPG

小橋陽介_10.JPG



さらに、船舶を描いた作品も興味深いです。
帆船の壮観な勇士が臨場感たっぷりに描かれその格好良さがしっかりと表現されていることにもおおいに感じ入ります。


小橋陽介_09.JPG 小橋陽介_08.JPG

小橋陽介_07.JPG



その帆船と自画像とが重なると、一気にシュールさも加速。
どっしりと船舶に乗られてどう考えても穏やかならぬ状況なれど、コミカルな雰囲気がむしろ強く醸し出され、妙に安穏とした表情もあって不思議と長閑な雰囲気が奏でられます。


小橋陽介_06.JPG 小橋陽介_05.JPG 小橋陽介_04.JPG 小橋陽介_03.JPG

小橋陽介_02.JPG



これまでストイックなほどに連綿と継続して繰り広げられてきた自画像による展開で作り上げられた世界観は、今回の個展で多く発表された自画像が登場しない作品でもしっかりと受け継がれ、またそのアプローチの広がりがそのまま世界観も押し拡げているように思えます。
さまざまなモチーフがいろんなかたちで画面に登場してこれからもいっそうダイナミックにその物語が紡がれていくように感じられて、ワクワクする気持ちも膨らみます。


小橋陽介_01.JPG
posted by makuuchi at 07:48| review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

memo: May09-May15/2011

memo: May09-May15/2011

日比野拓史展
galleria grafica bis
東京都中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル1階
03-5550-1335
5/9(月)〜5/14(土)
11:00〜19:00(最終日:〜17:00)
日比野拓史110509.jpg



稲葉寛乃展
Galley 58
東京都中央区銀座4-4-13 琉映ビル4F
03-3561-9177
5/9(月)〜5/14(土)
12:00〜19:00(最終日:〜17:00)
稲葉寛乃110509.jpg



ウサギマミレ、マレニネコ。 ~16 名 のアーティストによる東日本大震災復興支援チャリティー~
不忍画廊
東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル1F
03-3271-3810
5/9(月)〜5/28(土)日休
11:00〜18:30(土:〜17:00)
ウサギマミレ110509.jpg



田中梢展「遠い海の声」
アートスペース虹
京都府京都市東山区三条通神宮道東入ル東町247
075-761-923
5/10(火)〜5/15(日)
11:00〜19:00(最終日:〜18:00)
田中梢110510.jpg



渡辺香代子 個展「GIRL FRIEND」
GALLERY TRINITY
東京都港区赤坂9-6-19-1F
03-3746-1112
5/10(火)〜5/21(土)日月休
11:00〜19:00
渡辺香代子110510.jpg



増田智己×薦田梓「シロトクロ」
SAKuRA GALLERY
東京都江東区常盤2-10-10
03-3642-5590
5/10(火)〜5/22(日)月休
12:00〜19:00(最終日:〜17:00)
増田智己×薦田梓110510.jpg



毘堂/BIDOU「i-con」
MEGUMI OGITA GALLERY
東京都中央区銀座2-16-12-B1
03-3248-3405
5/10(火)〜5/28(土)日月祝休
11:00〜19:00
毘堂110510.jpg



根本寛子「木こりの残した一本の木」
MEGUMI OGITA GALLERY PROJECT ROOM
東京都中央区銀座2-16-12-B1
03-3248-3405
5/10(火)〜5/28(土)日月祝休
11:00〜19:00
根本寛子110510.JPG



八木修平「Fast Vehicle」
児玉画廊|東京
東京都港区白金3-1-15-1F
03-5449-1559
5/10(火)〜6/25(土)日月祝休
11:00〜19:00
八木修平110510.jpg



木村了子展「楽園」
ミヅマ・アクション
東京都目黒区上目黒1-3-9 藤屋ビル2F
03-3793-7931
5/11(水)〜6/4(土)日月祝休
11:00〜19:00
木村了子110511.jpeg



堂東由佳「呑気な時間、嫌な予感」
GALLERY IND.
大阪市天王寺区上本町6-8-9 上七ビル3F
06-6771-0035
5/13(金)〜6/5(日)金土日のみ
13:00〜18:00
堂東由佳110513.jpg



市村しげの「Intimate Relativity -親密さの相対性-」
BASE GALLERY
東京都中央区日本橋茅場町1-1-6 小浦第一ビル1F
03-5623-6655
5/13(金)〜6/30(木)日祝休
11:00〜19:00
市村しげの110513.jpg



南条嘉毅 個展「際景」〜伊勢詣2〜
YUKARI ART CONTEMPORARY
東京都目黒区鷹番2-5-2-1F
03-3712-1383
5/14(土)〜5/28(土)日月休
12:00〜18:00
南条嘉毅110514.jpg



平野真美展 ―祈り―
かわかみ画廊
東京都港区北青山3-3-7 第一青山ビル1F
03-6447-2328
5/14(土)〜5/28(土)月休
13:00〜19:00(最終日:〜18:00)
平野真美110514.jpg



「ワンダーランド 陶アート」展 フジタチサト、藤田匠平、原菜央、片山亜紀、増田哲士、谷内薫
TKGセラミックス
京都府京都市下京区西側町483
075-353-9992
5/14(土)〜6/4(土)日月祝休
11:00〜19:00
ワンダーランド陶アート110514.jpg



深堀隆介展「やさしきもの "kindness"」
GALLERY IDF
愛知県名古屋市名東区社が丘1-201 IDFビル2F
052-702-1206
5/14(土)〜6/5(日)火水休
11:00〜18:00(金:〜20:00)
深堀隆介110514.jpg



篠原愛展「ゆりかごから墓場まで」
GALLERY MoMo Roppongi
東京都港区六本木6-2-6 サンビル第3 2F
03-3405-4339
5/14(土)〜6/11(土)日月祝休
12:00〜19:00
篠原愛110514.jpg



鎌田友介 「After the Destruction」
児玉画廊|京都
京都府京都市南区東九条柳下町67-2
075-693-4075
5/14(土)〜6/11(土)日月祝休
11:00〜19:00
鎌田友介110514.jpg



Kodama Gallery Project 28 西森瑛一「木々のために」
児玉画廊|京都
京都府京都市南区東九条柳下町67-2
075-693-4075
5/14(土)〜6/11(土)日月祝休
11:00〜19:00
西森瑛一110514.jpg



釘宮由衣「Cat and Bird Paintings」
Taka Ishii Gallery Kyoto
京都府京都市下京区西側町483
075-353-9807
5/14(土)〜6/18(土)日月祝休
11:00〜19:00
釘宮由衣110514.jpg



平川ヒロ「よじのぼったネズミと、くぐりぬけようとするネコ」
Taka Ishii Gallery Kyoto
京都府京都市下京区西側町483
075-353-9807
5/14(土)〜6/18(土)日月祝休
11:00〜19:00
平川ヒロ110514.jpg
posted by makuuchi at 23:05| memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

review:小沢さかえ個展「惑星の0.5秒」《4/1、4/7》

review:小沢さかえ個展「惑星の0.5秒」《4/1、4/7》

小沢さかえ個展「惑星の0.5秒」
MORI YU GALLERY TOKYO
東京都新宿区西五軒町3-7 ミナト第三ビル4F
03-6906-9556
4/1(金)〜5/7(土)日月祝休
12:00〜19:00
小沢さかえ110401.jpg

Sakae Ozawa "0.5 Sekunden auf einen Planet"
MORI YU GALLERY TOKYO
3-7-4F,Nishi-Gokencho,Shinjuku-ku,Tokyo
03-6906-9556
4/1(Fri)-5/7(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
12:00-19:00
Google translate



・・・そして2011年春の小沢さかえさんの世界はこの空間へと帰結していきます。
まず京都での展示を拝見し、そしてVOCA展で目にした横長の画面で展開されていた光景は儚さがやや強めの気配に満ちていてその情景とこのタイミングで出会えたことに不思議と感慨深さが湧いてきて納得、また嬉しくも思えたのですが、さらに続いて開催の個展では京都で感じた瞬発とそれまでのおおらかでふくよかな気配のイメージとがさらに混ざり合い、ひとつの空間にさまざまな表情が生み出され、楽しくて淋しくて、新鮮で懐かしい独創的な世界が溢れ、観る側の感性を包み込み、ポジティブさを引き出してくれるように感じられます。

入り口正面の壁面にいきなり大きな作品が出迎えてくれます。
折り重なるさまざまなパターン。そのひとつひとつが鮮やかな色彩を纏って華々しい情景となって広がっていて、そこを駆けるたてがみと尾が淡い栗毛の白馬、それに片手で捕まって空を舞う女の子の姿がおおらかな高揚をふわりと届け、一気に小沢さんの世界へと誘ってくれます。


小沢さかえ_44.JPG 小沢さかえ_43.JPG 小沢さかえ_42.JPG

小沢さかえ_41.JPG 小沢さかえ_40.JPG 小沢さかえ_39.JPG

小沢さかえ_38.JPG



短い通路には比較的小さな作品、そこに詰め込まれるファンタジーに魅せられます。


小沢さかえ_37.JPG



髭を蓄えた男性がこの世界へと迷い込んできたような何とも痛快な作品も。
情景に展開されるバラエティに富んだタッチと斬新な色彩が、男性の比較的写実性の高い姿の存在感を際立たせ、なんとも不思議なテンション感が生み出されている場面のように思えます。僅かにたじろぐような仕草がどこか戸惑っているようなイメージで、しかし何だかうらやましくもあったり。。。


小沢さかえ_36.JPG 小沢さかえ_35.JPG 小沢さかえ_34.JPG 小沢さかえ_33.JPG

小沢さかえ_32.JPG



大作ではさまざまな時間の交錯が引き起こされているような展開で、それぞれに引き込まれます。
まるでステージのように画面全体が大きく白のカーテンで囲まれて、そこにしゃがむ女の子の右手に掲げられる大きな円のなかに鬱蒼とした情景が現れ、その外の淡い色彩の世界とのギャップがユニークな時空のイメージをそこに導き出します。シルエットのみで表現される背景のひっそりとした気配、そこに用いられる軽やかで淡い色調が、円のなかの賑々しい凝縮感を引き立たせ、不安定なんだけどだからこそ不思議とそこに独特のバランスが導き出され、観る側の想像もぐんぐんと押し拡げられていきます。


小沢さかえ_31.JPG 小沢さかえ_30.JPG 小沢さかえ_29.JPG

小沢さかえ_28.JPG 小沢さかえ_27.JPG 小沢さかえ_26.JPG

小沢さかえ_25.JPG



夜空にその巨体を晒すクジラ、圧倒的なスケール感にしばし呆然とさせられるほどの、力強さとダイナミズムが溢れる大作。右下にしゃがむ女の子の手から放たれる広がる光、それは鬱蒼とした大地の至る所から天空へと届けられてます。どこまでも遠くへと連なっている広く雄大な風景とは裏腹に、夜空を漂うクジラたちのゆったりとした荘厳な姿はぐんと画面から迫り出してくるような感触で、また大地からの光はクジラたちの合間に複雑に紛れてそこに現れる縮尺感にも作用し、ふたつのダイナミックな世界がひとつの画面でクロスオーバーしていてある意味シュール、しかしだからこそ深くおおらかな幻想世界となって眺める側の心を引き込んでくれます。クジラが漂う夜空の異様な賑々しさも痛快で、それだけを観ていてもポジティブな高揚が生み出されます。


小沢さかえ_24.JPG 小沢さかえ_22.JPG 小沢さかえ_21.JPG 小沢さかえ_20.JPG

小沢さかえ_19.JPG 小沢さかえ_18.JPG 小沢さかえ_17.JPG 小沢さかえ_16.JPG

小沢さかえ_15.JPG



すうっと吸い込まれるような奥行きと溢れる色彩、それとは裏腹にいつもより儚さ、淋しさがちょっと強め、深めの大作にも一瞬で惹かれていきます。
画面全体に吹く風の緩やかさ、木々は繁る葉を大きく揺らし、またさまざまな色彩の破片が流れるように漂って、その色彩やかたちはかわいらしいのにどこか切なく思えてきます。
一転して地面を埋め尽くす草花たちの低い背丈で奏でられる生命の歌、こちらはぬくもりが横たわるように広がります。
そして正面に佇む女の子の姿が、それぞれの雰囲気に引き立てられて、存在の孤高さもひときわ強く放たれます。吹く風に煽られる長い髪、白い布、画面全体にもたらされる横方向への空気の動きが瞬間のイメージを、一方で遠くまで続く森のシルエットや画面上方の山並みのスケール感がおおらかで深い時空のイメージをそれぞれ届け、ここに独特の気配となって現れ、それがまた小沢さんが紡ぐ世界に対する想いをさらに豊かにしてくれます。


小沢さかえ_14.JPG 小沢さかえ_13.JPG 小沢さかえ_12.JPG

小沢さかえ_11.JPG 小沢さかえ_10.JPG 小沢さかえ_09.JPG

小沢さかえ_08.JPG 小沢さかえ_07.JPG 小沢さかえ_06.JPG

小沢さかえ_05.JPG



比較的コンパクトな画面に描かれた、しっかりと表情が描かれた肖像画にも新しい展開が感じ取れます。多彩なタッチと色使いとで繰り出される気配の独創性は保ちながら、よりくっきりと「誰か」が描かれていることで今までにないほどに強く、その世界に「輪郭」がもたらされているように思えます。


小沢さかえ_04.JPG

小沢さかえ_03.JPG



また京都でも発表されていたのと同じように、その緩さに思わずツッコミを入れたくなるような作品も。
むしろセンシティブな世界がそれぞれの作品から届けられているような印象だったこともあり、この作品のかわいらしさ、緩さがホントにこの展示のアクセントとして効いていて、和まされます。何というか「おやつ」のような感じです。


小沢さかえ_02.JPG



小沢さんが展示ごとに提示される世界は、ひとりのアーティストが展開していくものとしての力強さと切なさに満ち、おおきな紆余曲折を経ながらしかしその都度、いっそうの深みとおおらかさを獲得していっているように思えます。
時々胸を締め付けられるほどの淋しさがふわりとよぎり、しかしやさしさもいっしょに溢れてきて、はたまたひたすらに天真爛漫、元気さを漲らせたりひっそりと内省的に沈む静けさが奏でられたりといろんな雰囲気が混ざり合って、それが観る側にしっかりと作用しだんだんとその物語も深度を増していくような感じです。


小沢さかえ_01.JPG
posted by makuuchi at 06:16| review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。