2011年05月06日

review:小沢さかえ個展「惑星の0.5秒」《4/1、4/7》

review:小沢さかえ個展「惑星の0.5秒」《4/1、4/7》

小沢さかえ個展「惑星の0.5秒」
MORI YU GALLERY TOKYO
東京都新宿区西五軒町3-7 ミナト第三ビル4F
03-6906-9556
4/1(金)〜5/7(土)日月祝休
12:00〜19:00
小沢さかえ110401.jpg

Sakae Ozawa "0.5 Sekunden auf einen Planet"
MORI YU GALLERY TOKYO
3-7-4F,Nishi-Gokencho,Shinjuku-ku,Tokyo
03-6906-9556
4/1(Fri)-5/7(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
12:00-19:00
Google translate



・・・そして2011年春の小沢さかえさんの世界はこの空間へと帰結していきます。
まず京都での展示を拝見し、そしてVOCA展で目にした横長の画面で展開されていた光景は儚さがやや強めの気配に満ちていてその情景とこのタイミングで出会えたことに不思議と感慨深さが湧いてきて納得、また嬉しくも思えたのですが、さらに続いて開催の個展では京都で感じた瞬発とそれまでのおおらかでふくよかな気配のイメージとがさらに混ざり合い、ひとつの空間にさまざまな表情が生み出され、楽しくて淋しくて、新鮮で懐かしい独創的な世界が溢れ、観る側の感性を包み込み、ポジティブさを引き出してくれるように感じられます。

入り口正面の壁面にいきなり大きな作品が出迎えてくれます。
折り重なるさまざまなパターン。そのひとつひとつが鮮やかな色彩を纏って華々しい情景となって広がっていて、そこを駆けるたてがみと尾が淡い栗毛の白馬、それに片手で捕まって空を舞う女の子の姿がおおらかな高揚をふわりと届け、一気に小沢さんの世界へと誘ってくれます。


小沢さかえ_44.JPG 小沢さかえ_43.JPG 小沢さかえ_42.JPG

小沢さかえ_41.JPG 小沢さかえ_40.JPG 小沢さかえ_39.JPG

小沢さかえ_38.JPG



短い通路には比較的小さな作品、そこに詰め込まれるファンタジーに魅せられます。


小沢さかえ_37.JPG



髭を蓄えた男性がこの世界へと迷い込んできたような何とも痛快な作品も。
情景に展開されるバラエティに富んだタッチと斬新な色彩が、男性の比較的写実性の高い姿の存在感を際立たせ、なんとも不思議なテンション感が生み出されている場面のように思えます。僅かにたじろぐような仕草がどこか戸惑っているようなイメージで、しかし何だかうらやましくもあったり。。。


小沢さかえ_36.JPG 小沢さかえ_35.JPG 小沢さかえ_34.JPG 小沢さかえ_33.JPG

小沢さかえ_32.JPG



大作ではさまざまな時間の交錯が引き起こされているような展開で、それぞれに引き込まれます。
まるでステージのように画面全体が大きく白のカーテンで囲まれて、そこにしゃがむ女の子の右手に掲げられる大きな円のなかに鬱蒼とした情景が現れ、その外の淡い色彩の世界とのギャップがユニークな時空のイメージをそこに導き出します。シルエットのみで表現される背景のひっそりとした気配、そこに用いられる軽やかで淡い色調が、円のなかの賑々しい凝縮感を引き立たせ、不安定なんだけどだからこそ不思議とそこに独特のバランスが導き出され、観る側の想像もぐんぐんと押し拡げられていきます。


小沢さかえ_31.JPG 小沢さかえ_30.JPG 小沢さかえ_29.JPG

小沢さかえ_28.JPG 小沢さかえ_27.JPG 小沢さかえ_26.JPG

小沢さかえ_25.JPG



夜空にその巨体を晒すクジラ、圧倒的なスケール感にしばし呆然とさせられるほどの、力強さとダイナミズムが溢れる大作。右下にしゃがむ女の子の手から放たれる広がる光、それは鬱蒼とした大地の至る所から天空へと届けられてます。どこまでも遠くへと連なっている広く雄大な風景とは裏腹に、夜空を漂うクジラたちのゆったりとした荘厳な姿はぐんと画面から迫り出してくるような感触で、また大地からの光はクジラたちの合間に複雑に紛れてそこに現れる縮尺感にも作用し、ふたつのダイナミックな世界がひとつの画面でクロスオーバーしていてある意味シュール、しかしだからこそ深くおおらかな幻想世界となって眺める側の心を引き込んでくれます。クジラが漂う夜空の異様な賑々しさも痛快で、それだけを観ていてもポジティブな高揚が生み出されます。


小沢さかえ_24.JPG 小沢さかえ_22.JPG 小沢さかえ_21.JPG 小沢さかえ_20.JPG

小沢さかえ_19.JPG 小沢さかえ_18.JPG 小沢さかえ_17.JPG 小沢さかえ_16.JPG

小沢さかえ_15.JPG



すうっと吸い込まれるような奥行きと溢れる色彩、それとは裏腹にいつもより儚さ、淋しさがちょっと強め、深めの大作にも一瞬で惹かれていきます。
画面全体に吹く風の緩やかさ、木々は繁る葉を大きく揺らし、またさまざまな色彩の破片が流れるように漂って、その色彩やかたちはかわいらしいのにどこか切なく思えてきます。
一転して地面を埋め尽くす草花たちの低い背丈で奏でられる生命の歌、こちらはぬくもりが横たわるように広がります。
そして正面に佇む女の子の姿が、それぞれの雰囲気に引き立てられて、存在の孤高さもひときわ強く放たれます。吹く風に煽られる長い髪、白い布、画面全体にもたらされる横方向への空気の動きが瞬間のイメージを、一方で遠くまで続く森のシルエットや画面上方の山並みのスケール感がおおらかで深い時空のイメージをそれぞれ届け、ここに独特の気配となって現れ、それがまた小沢さんが紡ぐ世界に対する想いをさらに豊かにしてくれます。


小沢さかえ_14.JPG 小沢さかえ_13.JPG 小沢さかえ_12.JPG

小沢さかえ_11.JPG 小沢さかえ_10.JPG 小沢さかえ_09.JPG

小沢さかえ_08.JPG 小沢さかえ_07.JPG 小沢さかえ_06.JPG

小沢さかえ_05.JPG



比較的コンパクトな画面に描かれた、しっかりと表情が描かれた肖像画にも新しい展開が感じ取れます。多彩なタッチと色使いとで繰り出される気配の独創性は保ちながら、よりくっきりと「誰か」が描かれていることで今までにないほどに強く、その世界に「輪郭」がもたらされているように思えます。


小沢さかえ_04.JPG

小沢さかえ_03.JPG



また京都でも発表されていたのと同じように、その緩さに思わずツッコミを入れたくなるような作品も。
むしろセンシティブな世界がそれぞれの作品から届けられているような印象だったこともあり、この作品のかわいらしさ、緩さがホントにこの展示のアクセントとして効いていて、和まされます。何というか「おやつ」のような感じです。


小沢さかえ_02.JPG



小沢さんが展示ごとに提示される世界は、ひとりのアーティストが展開していくものとしての力強さと切なさに満ち、おおきな紆余曲折を経ながらしかしその都度、いっそうの深みとおおらかさを獲得していっているように思えます。
時々胸を締め付けられるほどの淋しさがふわりとよぎり、しかしやさしさもいっしょに溢れてきて、はたまたひたすらに天真爛漫、元気さを漲らせたりひっそりと内省的に沈む静けさが奏でられたりといろんな雰囲気が混ざり合って、それが観る側にしっかりと作用しだんだんとその物語も深度を増していくような感じです。


小沢さかえ_01.JPG
posted by makuuchi at 06:16| review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

review:グループ展「UNDULATIONISM (波動主義)」 《3/19》

review:グループ展「UNDULATIONISM (波動主義)」 《3/19》

グループ展「UNDULATIONISM (波動主義)」
MORI YU GALLERY KYOTO
京都府京都市左京区聖護院蓮華蔵町4-19
075-950-5230
3/4(金)〜4/30(土)日月祝休
12:00〜19:00
MORIYU110304.jpg

Group Show "UNDULATIONISM"
MORI YU GALLERY KYOTO
4-19,Shogoin-Rengezou-cho,Sakyo-ku,Kyoto-shi,Kyoto-fu
075-950-5230
3/4(Fri)-4/30(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
12:00-19:00



VOCA展も加えると会期を重ねて3つの展示で同時に作品を発表された、2011年春の小沢さかえさん。その皮切りに開催された京都でのグループショー、MORI YU GALLERYのお馴染みのアーティストに新たな個性を加えた展覧会で、アリエマキさんや中山玲佳さん、黒田アキさんの既発表作品に交えて展示された小沢さんの新作に新たな雰囲気を感じたのが強く印象に残っています。

これまで作品を拝見してきたことで抱いている小沢さんが描く世界の印象は、ひとつの作品にゆったりとした時間がふくよかに収められている、といった感じで、作品と対峙していると独特のタッチと色使いとでふわりほんのりと切なさを伴いながら、ワクワクするようなイメージへと誘ってくれるような風合いが得難い繊細な高揚を届けてくれるように思えます。その風合いを保つ作品、気ままに星同士を線で繋いだ星座が夜空いっぱいに広がるなか、闇のなかにあってその葉をまるで光源のように輝かせる椰子に寄り添うように座ってる女の子、その姿もふわふわと儚げな光に包まれるようで、さらにそのかわいらしい雰囲気に誘われるかのようにするすると虹色の蛇が椰子から降りてきているような場面。やさしい淋しさに満ちて、ひとつひとつの要素が紡ぐふくよかな気配にさまざまな想像が膨らんでいきます。


小沢さかえ_17.JPG 小沢さかえ_16.JPG 小沢さかえ_15.JPG

小沢さかえ_14.JPG 小沢さかえ_13.JPG 小沢さかえ_12.JPG

小沢さかえ_11.JPG



ここから新たな世界が展開されていきます。
これまでの小沢さんの世界が時間をいっぱいにひとつの画面に詰め込んでふくよかな気配を創出しているとしたら、もちろん包み込んでくれるようなおおらかな優しさは随所にそのテイストを色濃く残しつつも、むしろある一瞬を刹那的に捕らえ、激しさを伴って気配を猛スピードで拡張させていくような感触が溢れているような印象が浮かんできます。
いつになく動きに満ちた展開、まるで飛ぶように虚空を走る女の子、その一歩、左足のつま先と大地とが接した刹那。ピンクの色彩が四方に飛び散り、たったひとつの瞬間の高揚を、とてつもなく華々しく表しているように感じられ、新鮮な心持ちで一気に満たされていった次第。点で描かれ輪郭を曖昧にしながらふわりと漂うように浮かび上がる樹の幹、その枝に萌える葉の色彩も煌々と光を放つようにエネルギッシュに迫ります。瞬発的な高揚に魅せられるのがとにかく痛快です。


小沢さかえ_10.JPG 小沢さかえ_09.JPG 小沢さかえ_08.JPG

小沢さかえ_07.JPG 小沢さかえ_06.JPG 小沢さかえ_05.JPG

小沢さかえ_04.JPG



小品では気ままさ、緩さがいい味で醸し出されています。
変幻自在で天真爛漫なタッチはちいさな画面ではいささか窮屈、それならばとその狭さを逆手に取るように、ユーモラスで遊び心に富んだアプローチが繰り出されます。長閑でのんびりとして、ころりと笑みが思わずこぼれてしまうような場面に和まされます。


小沢さかえ_03.JPG

小沢さかえ_02.JPG



なかでもこちらはその緩さが振り切っていてたまらない(笑)。
「これでいいのか?」とツッコミ気味に全力で問いかけて「いいのだ!」と落ち着くという。。。大きな作品の新鮮でスピード感に溢れる雰囲気に接していただけあって、こののほほん感はむしろ嬉しいです。


小沢さかえ_01.JPG



今回初めて同ギャラリーで紹介された浦郷仁子さんの作品も興味深いです。
激しいタッチが重なって創出される抽象世界。遠目で接してそのおおらかに広がる気配のダイナミズムに煽られて、至近で眺めていくとそこに潜むさまざまな表情、有機的な筆致が溢れるように乗る画面から無数の発見を見いだしつつ、随所に現れるシャープなエッジにスリリングな印象を覚えます。


浦郷仁子_08.JPG 浦郷仁子_07.JPG 浦郷仁子_06.JPG

浦郷仁子_05.JPG 浦郷仁子_04.JPG 浦郷仁子_03.JPG

浦郷仁子_02.JPG



不思議な空間がその画面のなかに導き出されていきます。
2階に展示されていた小品では曖昧な気配のなかにさまざまな小さなモチーフが折り重なるようにして挿入され、吸い込まれるような雰囲気が紡ぎ出されていて、どちらかというとダークな風合いを帯びているなかにきらりと光る要素が散りばめられているのがポジティブなイメージを届けてくれるように思えます。
ソロで拝見できる機会も待たれます、そのときにどんな空間が作り出されるかも楽しみです。


浦郷仁子_01.JPG
posted by makuuchi at 05:17| review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

review:山田郁予展「絶対、一生、金輪際」《3/30、4/14》

review:山田郁予展「絶対、一生、金輪際」《3/30、4/14》

山田郁予展「絶対、一生、金輪際」
ミヅマ・アクション
東京都目黒区上目黒1-3-9 藤屋ビル2F
03-3793-7931
3/30(水)〜4/30(土)日月祝休
11:00〜19:00
山田郁予110330.jpeg

YAMADA Ikuyo "Never Ever In My Life"
Mizuma Action
1-3-9-2F,Kamimeguro,Meguro-ku,Tokyo
03-3793-7931
3/30(Wed)-4/30(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
11:00-19:00
Google translate



山田郁予さんの展示は白金にあった頃の高橋コレクションでも拝見していますが、まず武蔵野美術大学での修了制作展を思い出します。ひとつの空間を丸まった紙やら何やらで埋め尽くしていて相当に凄まじいカオスが溢れ、記憶に残るのは全体的に広がる白のなかにさまざまな色が紛れ込んでいてなんだかもう、作品としての善し悪しの判断より先にインパクトの強烈さにやられてしまったような感じで、充分にじっくりとその展示と対峙しなかったものの、とにもかくにも、といった塩梅で強い印象が残っています。

以降、山田さんの作品を目にするたびにその体験が蘇ってくるのですが、一方でそのなかに潜む脆弱で繊細な風合い、そしてだからこその先鋭的な気配と強靭さなど、さまざまな表情が伺い知れてさまざまな発見がもたらされるのが興味深いです。その都度独創的な世界に意識が包まれ、吸い込まれていくような感覚が湧いてきます。

今回の個展は、展示が始まる前にギャラリーのスタッフの方々から「山田さんがなかに籠って制作、展示を作っている」という旨のお話を伺っていて、その初めて拝見したインスタレーションの再現か、という期待感が浮かんできていたのですが、いざ始まって実際に展示空間に入ってみるとむしろカオスの要素よりも、神々しさが強く伝わる整理され洗練された空間が作り上げられていたことに意外な印象を覚え、そして同時に山田さんが描く世界の芯の部分により深く、スムーズに接していく機会が与えられているように思えるのが興味深いです。


山田郁予_41.JPG



ひとつひとつの作品に空間的な余裕が与えられ、それぞれの気配との対峙がさまざまなイメージを届けてくれます。
画面に溢れるストロークはひたすら身体的でときに痛々しいほどに思えるほどの激しさで抽象的な風合いを備え、しかし広い画面に立ちのぼる気配を俯瞰しているとそこに紡がれる魂がむしろ清々しい気配を纏っているような感覚が膨らんできて、その刹那的な風合いが観る側の意識に清々しく静かな高揚をもたらしてくれます。


山田郁予_40.JPG 山田郁予_39.JPG 山田郁予_38.JPG 山田郁予_37.JPG

山田郁予_36.JPG



ひときわ広い大きな作品に描かれた、セーラー服を身につける女の子。
白地にシルバーで引っ掻くようなストロークがひたすらに綴られ、その風合いの狂おしさがどこか胸を締め付けるような感触が奏でられます。大きく描かれる女の子はどこか愁いを帯びた表情を浮かべ、ふわりとしたショートの髪、僅かにかしげられる小首や細身の腕、つままれるスカートなどがかわいらしい気配も醸し出して、さまざまな感覚が混ざり合い、なんとも不思議な雰囲気をそこに漂わせます。全体的にひときわ白い情景も神々しい印象を強め、裏腹に描かれる女の子自体のイメージのくっきりとした輪郭がその世界観をいっそう奇異なものへと押し上げているようにも思えます。


山田郁予_35.JPG 山田郁予_34.JPG 山田郁予_33.JPG

山田郁予_32.JPG 山田郁予_31.JPG 山田郁予_30.JPG

山田郁予_29.JPG



ほぼひとつの色彩で描かれる作品は、支持体の紙の白と用いられる色彩とが繊細な響きをもたらし、その色の感触が描かれる場面への印象に強く作用してきます。
もわもわと湧くように現れる女性のシルエットは緑とも黄色ともつかない独特の色彩で強く濃い存在感を放ち、捕らえきれない近づけそうで近付き難い気配となって迫ります。遠目で眺めたときの湧くような輪郭が蜃気楼のような曖昧さを思い起こさせ、しかし近付くといっそう激しいストロークが凝縮されていることを認識し、部分に焦点を当てたときにそこで行われた行為の痕跡が痛々しいほどに生々しく伝わってきて、さまざまな濃厚なイメージがもたらされてそれに呑み込まれます。


山田郁予_28.JPG 山田郁予_27.JPG 山田郁予_26.JPG

山田郁予_25.JPG 山田郁予_24.JPG 山田郁予_23.JPG

山田郁予_22.JPG



奥のコンパクトなスペースでもバラエティに富んだ展開が繰り広げられています。


山田郁予_21.JPG



ひときわ用いられる色彩の数が多く、また画面をストロークがより大きく浸食しているような印象の激しくて沈むような気配を保つ作品。今回の展示ではひとつの画面にひとり、という構成の作品が多いなかで唯一、複数の人物が登場していることもその気配の濃さへと影響し、より深い情景となって現れているように思えます。
まさにとっかえひっかえといった感じでさまざまな色彩が重なり、その衝突が生み出すカオスの凄まじさに圧倒され、しかしそれでも立ちのぼっているどこか神々しく洗練された気配に感じ入ります。これほど激しい痕跡の集積でありながら、その情景に佇む女の子のかわいらしさ、儚げな気配にいとおしさもほのほのと浮かんできます。


山田郁予_20.JPG 山田郁予_19.JPG 山田郁予_18.JPG

山田郁予_17.JPG 山田郁予_16.JPG 山田郁予_15.JPG

山田郁予_14.JPG



また、小品も展示され、ちいさな画面に紡がれる魂のどこか小気味よく軽やかで、そして濃厚で危うい感触に魅せられます。


山田郁予_13.JPG

山田郁予_12.JPG



どこか不安定に佇む女の子。描き手の画面との対峙も身体的な要素が抑えられ、ていねいで細やかな線で繊細にそのシルエットが辿られて、脆くかわいらしい気配を漂わせます。


山田郁予_11.JPG 山田郁予_10.JPG 山田郁予_09.JPG 山田郁予_08.JPG

山田郁予_07.JPG



いっそう具体的に表情も仕草も描かれ、どこかユーモラスにも感じられたり。。。
独特の線の深み、大胆な色のチョイス、散りばめられるラメがガーリーな雰囲気と危うさとをもたらします。


山田郁予_06.JPG 山田郁予_05.JPG 山田郁予_04.JPG 山田郁予_03.JPG

山田郁予_02.JPG



そして、映像作品とインスタレーションがこの展示にある種の異様さをもたらします。強烈な自我を書き留めていった紙が何枚も重ねて貼られて相当に濃厚な気配となって現れ、またその分量にも圧倒されます。
映像に綴られる世界のシュールさが、どこか繊細で神々しい気配を奏でるタブロー群とは逆に振れたようなひたすらユーモラスな時間を提示し、それぞれにぐるりとまわって「危うい」という部分で互いのベクトルが合致し、ここに構築される世界観に強度をもららしているようにも思えます。


山田郁予_42.JPG



天真爛漫さとストイックさとが混在する独特の世界、支持体の紙が圧力で歪むほどにひたすら激しく引っ掻くようなストローク、塗り付けられる色彩が、意外なほどに繊細で神々しささえ感じさせてくれるほどの爽やかな色香を奏でる女性の姿を描き出す・・・このギャップが独創的な世界観を導き出しています。


山田郁予_01.JPG
posted by makuuchi at 07:21| review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。