2011年05月14日

review:勝正光 mental nomad《4/28》

review:勝正光 mental nomad《4/28》

勝正光 mental nomad
island MEDIUM
東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 205
03-5812-4945
4/23(土)〜5/15(日)月火休
12:00〜19:00
勝正光110423.jpegMasamitsu Katsu "mental nomad"
island MEDIUM
6-11-14-205,Soto-Kanda,Chiyoda-ku,Tokyo
03-5812-4945
4/23(Sat)-5/15(Sun) closed on Monday and Tuesday
12:00-19:00
Google translate



ひたすら鉛筆のみで広い画面と対峙し、ただ塗りつぶすという行為を徹底して完遂していく勝正光さんのクリエイション。過剰なまでにストイックに展開される世界は、グラファイトの暗い光沢により重厚な静謐を漂わせながら、そこに異様なほどの熱を思い起こさせてくれます。

今回の個展では発表されている作品数こそ少ないものの、その勝さんのクリエイションのバラエティも提示されていて興味深く感じられる次第。空間に浮遊するように設置された小品では、スナップ的な画像が精緻に再現されていて、その小さな画面のなかに収まるさまざまな筆圧によるテクスチャーが単なるモチーフを描いた作品にとどめないユニークさを際立たせているように思えます。


勝正光_16.JPG



何気ないありきたりな場面は逆にその行為のアバンギャルドさをそこに色濃くもたらします。消しゴムも用いられて巧みに表情が付けていかれるその情景は、登場する人々のやさしい気配を感じさせてくれるのと同時に、もっと至近で凝視したときに気付かされる支持体の紙にもたらされる凹凸の生々しさ、グラデーションごとに異なる立体感にも感じ入ります。


勝正光_15.JPG 勝正光_14.JPG 勝正光_13.JPG

勝正光_12.JPG



勝さんのメインとでも呼ぶべきクリエイション、もっとも自身の行為をシンプルに提示する、広い画面をひたすら塗りつぶす作品も。小品での具象性がいっしょに展示されることでこの作品に費やされる執念のようなものもより強く伝わってきます。鉛筆で圧力がかけられることで紙にたわみが生まれ、そのことが行為のある種の狂気性を際立たせるのとともに、それ自体の「もの」としての質感、平面でありつつもむしろ彫刻的な行為によって制作されているような感触も提示されているように思えます。


勝正光_11.JPG 勝正光_10.JPG 勝正光_09.JPG 勝正光_08.JPG

勝正光_07.JPG



さらに、黒い画面に筆圧を加えることでそのなかにモチーフを描き出す作品も。初めて勝さんの作品を拝見したのがスピーカーヘッドを同様の手法で描いたもので、鉛筆で紙をへこませるようなことは確かに小さい頃にやったことがあるので何となく懐かしいイメージも思い浮かべつつ、そのユニークさに唸らされたのですが、今回はスカーフをおそらくほぼ実物大で再現、しかも柄を筆圧で再現していくというアプローチで力強く表現されていて、本来の軽やかな質感とは裏腹に異様なほどの重厚さが醸し出されています。


勝正光_06.JPG 勝正光_05.JPG 勝正光_04.JPG 勝正光_03.JPG

勝正光_02.JPG



用いられる鉛筆や支持体の差異、さらにはストロークの緩急によってさまざまな表情が付けられていく展開は今回の展示でより前面に表出されている印象で、また空間的な余白が塗り込まれる鉛筆の黒の色面の重さを強調しているようにも感じ取れます。


勝正光_01.JPG
posted by makuuchi at 07:49| review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。