2011年05月11日

review:TRANS COMPLEX -情報技術時代の絵画- 彦坂敏昭、村山悟郎《4/9、4/28》

review:TRANS COMPLEX -情報技術時代の絵画- 彦坂敏昭、村山悟郎《4/9、4/28》

TRANS COMPLEX -情報技術時代の絵画- 彦坂敏昭村山悟郎
AISHO MIURA ARTS
東京都新宿区住吉町10-10
03-6807-9987
4/9(土)〜5/14(土)日月祝休
12:00〜19:00
彦坂敏昭村山悟郎110409.jpg

TRANS COMPLEX - The painting in the Age of Information Technology - Toshiaki Hikosaka, Goro Murayama
AISHO MIURA ARTS
10-10,Sumiyoshi-cho,Shinjuku-ku,Tokyo
03-6807-9987
4/9(Sat)-5/14(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
12:00-19:00
Google translate



京都芸術センターでまず行われ、続いて東京に場所を移して開催の企画。印象として近いスタンスを持つ2人のアーティストをフィーチャーし、空間に提示される互いのクリエイションに備わる独自の視点のユニークさが興味深く思えます。
京都での展示も拝見していますが、もとい観たというよりは充分に時間をかけることが叶わず足を運んだだけといった感じではあるのですが、その短い対峙時間で得た印象としては、それぞれ異なる空間で展示が行われ、互いのクリエイティビティの交流の成果の提示というよりもややアーカイブ的な構成に思えたのですが、今回はひとつの空間に彦坂さんと村山さんの作品が共存し、いわゆる共作ではないものの、空間を共有していることで表出する緊張感や互いの個性の方向性などもよりクリアに提示されているように思えて興味深いです。

1階にはほぼ同じサイズの平面作品、村山さんはひとつの額のなかにふたつのオンペーパーのタブローが並べて収められています。
同じストロークを連ねてリズミカルな構成が展開され、並ぶパターンに共有する構造がそれぞれの筆の動きの差異をむしろ生々しく提示していて、ここで行われたことの「身体的な動き」への想像が強くもたらされる用に思えます。


村山悟郎_19.JPG 村山悟郎_18.JPG 村山悟郎_17.JPG 村山悟郎_16.JPG

村山悟郎_15.JPG



一方、彦坂さんはふたつの額にそれぞれのタブローを収めて展示。お馴染みのストロークによる作品で、それぞれの支持体の色味の違いによってそこに乗せる色彩や質感を変えて展開されていて、白い支持体のものはどこか突き抜けたような空間性が思い起こされるものの、抽象性の高さからかむしろ世界観の極端な違いが感じられないのが隣の村山さんの展開とも相まって面白く思えます。


彦坂敏昭_21.JPG 彦坂敏昭_20.JPG 彦坂敏昭_19.JPG 彦坂敏昭_18.JPG

彦坂敏昭_17.JPG



2階ではそれぞれ独自のシリーズが展開されていきます。

村山さんはまず何やら細かくカラフルな線が交錯する図を掲示、駅名が縦軸にずらりと並び、どんな法則性かは失念してしまったのですがある法則に従ってさまざまな線がその方眼のなかでパターンとなって展開されて、混沌としていながらもリズミカルなイメージが届けられます。この図像の提示が階下の作品でのパターンの展開にも関連しているようにも思えて興味深さも増していきます。


村山悟郎_14.JPG

村山悟郎_13.JPG 村山悟郎_12.JPG

村山悟郎_11.JPG



この階には壁に直接描かれた作品が。
といっても村山さんは鉛筆でうねるような有機的な曲線を描くのみで、そこにまた別のアーティストにトライアングルを組み込むようにしながら色の付いた線を重ねて入れてもらう、というユニークな展開が行われています。先の小さな図での線の交錯が元となっているような感じも伝わり、そこに有機的な感覚が強く注がれることでゆらめくような気配も導き出されているように思えます。


村山悟郎_10.JPG 村山悟郎_09.JPG 村山悟郎_08.JPG <村山悟郎_07.JPG

村山悟郎_06.JPG



線を重ねた方の名前もクレジットされていてそれぞれ異なるのですが、ある具体的なルールがそこにあるせいか、そこに色の付いた線の描き手の個性が強く提示されることはなく、しかししっかりとバリエーションが導き出されていることがまず興味深く思えます。
また村山さんの立体の作品ともイメージのなかで繋がっていきます。立体作品ではやはりその素材感や、三次元で輪郭も強く提示されることで相当なインパクトも創出され、一方でこちらはむしろ儚い感じ、自身の気配をなるべく抑えて空間への作用も弱めつつ、また他の人の手も加わることでなお「個」の存在が希薄になっているのですが、逆にそのことで「像」の本質的なイメージが高い純度で抽出されているようにも感じられます。大胆にピーリングしていってその骨組みの部分だけが現れているような印象も浮かんできた次第です。


村山悟郎_05.JPG 村山悟郎_04.JPG 村山悟郎_03.JPG

村山悟郎_02.JPG




彦坂さんもまたストイックな展開を繰り広げていきます。
まず展示されているのが、ひとつの画面にひたすら方眼を描き込んだ作品、文字通りの「方眼を描く」という行為が提示され、そこに滲み出る手描きによる歪みが協調されています。


彦坂敏昭_16.JPG



モノクロームで統一されたタブロー群。


彦坂敏昭_15.JPG



さまざまな素材を用い、それぞれの質感を重ねて独特のテクスチャーを画面に展開していくお馴染みの質感。当初は家や地図などを元にそれを分解、再構築するような展開だったのが、今回は相当に抽象性が高く、そこから得られる縮尺のイメージもむしろ曖昧でぼんやりとしていて、しかし色調の硬質さ、クールさによって不思議な気配が導き出されているように思えます。


彦坂敏昭_14.JPG 彦坂敏昭_13.JPG 彦坂敏昭_12.JPG

彦坂敏昭_11.JPG



新たな展開として、さまざまなかたちにちぎられたような紙に方眼を描いてそれらをひとつの画面に凝縮したコラージュ的なアプローチの作品も。
こちらも手描きの方眼の、行為の無機質さによってむしろ有機性が強められ、行為の生々しさを強く提示しているように思えます。


彦坂敏昭_10.JPG 彦坂敏昭_09.JPG 彦坂敏昭_08.JPG

彦坂敏昭_07.JPG



イメージの元となったと思われる小さな画面のもの、こちらがなかなか興味深いです。
ある計算式によって創出されるシャープな混沌、緻密なドットの羅列が複雑な構造を構築し、異様なほどに硬質なクールネスがそこから漂ってきます。これまで拝見してきた彦坂さんの作品に一貫して備わる無機質な感触に通じる要素がこの小さな画面に抽出されているような感触もあり、手描きでないことのある意味の難しさがあるものの、この展開もしっかりと観てみたい気がします。


彦坂敏昭_06.JPG 彦坂敏昭_05.JPG

彦坂敏昭_04.JPG 彦坂敏昭_03.JPG

彦坂敏昭_02.JPG



それぞれのクリエイションにおける有機性と幾何学性のバランスが、ひとつの空間に収められることで際立ち、互いに差異はあるもののそこに観る側にとってひとつの展示としての一貫して共有されるイメージがあるように感じられるのが興味深いです。
おそらくは今回でこの企画はひとまずは完結、ということになるのかとは思われるのですが、もう少しこの続きを観たい、彦坂さんと村山さんのクリエイションの本格的な交錯にも接してみたい、という好奇心も湧いてきます。


村山悟郎_01.JPG

彦坂敏昭_01.JPG
posted by makuuchi at 07:53| review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。