2011年05月11日

review:小野さおり展「ギフト」《4/9、4/14》

review:小野さおり展「ギフト」《4/9、4/14》

小野さおり展「ギフト」
GALLERY MoMo Ryogoku
東京都墨田区亀沢1-7-15
03-3621-6813
4/9(土)〜5/14(土)日月祝休
11:00〜19:00
小野さおり110409.jpeg

Saori Ono "GIFT"
GALLERY MoMo Ryogoku
1-7-15,Kamezawa,Sumida-ku,Tokyo
03-3621-6813
4/9(Sat)-5/14(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
11:00-19:00
Google translate



ぱっと目にしたときにその「色」で自身の世界へと誘ってくれるような、代名詞のような色彩を持つクリエイション。六本木のスペースで初めて小野さおりさんの個展を拝見したときも、その青とも緑とも言えそうな独特の深くて暗い、しっとりと落ち着いた色彩の印象が強く残っています。
以降同時期に受賞し話題をさらった群馬青年ビエンナーレとシェル美術賞を経て、場所をリニューアルした両国のスペースでに移して開催されている今回の個展。オリジナリティを感じさせるその色彩はもちろん、ぼんやりと膨らむように滲む輪郭の風合いを程よく保たせながら、そこにさまざまなアプローチにおいて豊かな緩急が持ち込まれ、やさしくやわらかな重厚さをその世界観に纏わせて独特の気配が展開されているような感じです。


小野さおり_39.JPG



それぞれのモチーフの稜線が奏でるまろやかな輪郭はどこかユーモラスで、またその線自体も丸みを帯びていて、じんわりと何とも言えないテイストがそれによって醸し出されているようにも思えます。
そして何より透明のガラスの描写の巧みさに唸らされます。被せられるガラスの蓋、ドーム状のかたちの安定した美しさがていねいに表現されて、なかに収まる海産物や鉱物のかたちもしっかりと見せながら、そこにひとつの層が存在していることもしっかりと、しかし自然に認識させてくれて、相当にふわふわとしていて奇妙なシチュエーションでありながらもそこに横たわる説得力は強固でファットに感じられます。


小野さおり_31.JPG 小野さおり_30.JPG 小野さおり_29.JPG 小野さおり_28.JPG

小野さおり_27.JPG



もりもりと、わさっと盛られる海産物。もわもわとたゆたうような風合いがそこかしこから感じ取れ、盛られる器自体もまるで水の中に沈められているような不思議なイメージが届けられます。
そこにさらに背景となる部分に細い線描でさまざまな草花の紋様が描き込まれて、その繊細な風合いが、画面の中央に鎮座する器に盛られガラスの蓋が被せられた海産物のどっしりとした存在感を際立たせています。


小野さおり_38.JPG 小野さおり_37.JPG 小野さおり_36.JPG

小野さおり_35.JPG 小野さおり_34.JPG 小野さおり_33.JPG

小野さおり_32.JPG



画面の多くに広がる独特の深い色調。そのなかにさまざまな色彩が散りばめられているのも楽しいです。それぞれの色彩は深い青緑との決定的な境界がなくて、晴れた夕刻の空の青空と夕暮れとが同じ瞬間の空に共存しているときに感じる不思議な感覚が随所から届けられます。
そのむしろストイックに意図的な「曖昧さ」が描かれる情景にやさしくまろやかな風合いをもたらしているようにも思えます。


小野さおり_26.JPG 小野さおり_25.JPG 小野さおり_24.JPG 小野さおり_23.JPG

小野さおり_22.JPG



イソギンチャクのような有機的なモチーフをシンプルに描く作品も。水の中深くでゆらゆらと漂う感じが伸びる触手の絡まりから感じ取れます。


小野さおり_21.JPG



珊瑚や鉱物といった硬質なモチーフを描く作品。被せられる蓋が描かれないことで、シチュエーション自体もよりシンプルに表され、モチーフのユニークさがクールに提示されます。そしてその輪郭が例によって丸みを帯びたまろやかな稜線で描写され、さらに鉱物を彷彿させる部分は線同士が微妙に離れていてコミカルな風合いがそのシャープなかたちにもたらされて、何とも味わい深い気配が紡がれます。そこからこの世界を紡ぐこと自体における不思議なスタンスが顔を覗かせているようにも思えます。


小野さおり_20.JPG 小野さおり_19.JPG 小野さおり_18.JPG

小野さおり_17.JPG



人物が登場する作品は、世界観のシュールさがさらに強烈に醸し出されます。
くりっとした目の輝きがなんともかわいらしく、またどこか感情が抑え込まれ、押し殺されたような感じも伝わり、別の生物とのハイブリッドとなっている様子も奇妙なイメージを色濃くしていきます。


小野さおり_16.JPG 小野さおり_15.JPG 小野さおり_14.JPG 小野さおり_13.JPG

小野さおり_12.JPG



どこからかにゅうっと腕が伸びてガラスの蓋の内側に現れている作品、まるで毛糸のセーターの表面のようなリズミカルな緑の線の密集のもわもわとした感じも何とも印象深く、また指先の細身の線の繊細さも引き立てます。


小野さおり_11.JPG 小野さおり_10.JPG 小野さおり_09.JPG 小野さおり_08.JPG

小野さおり_07.JPG



小さな画面のシンプルな構図も楽しい静けさとなって小気味よく迫ってきます。
モチーフのかわいらしさが小さな画面によって引き立ちます。


小野さおり_06.JPG 小野さおり_05.JPG

小野さおり_04.JPG



多くの作品で独特の青緑の色調が用いられていることもあり、赤紫系統の色調で纏められた大小2点の作品はその味わいの差異が実に興味深く思えます。
しっとりと沈むような深みを感じさせてくれる青緑の色調と比べていっそう艶かしくスリリングなイメージが届けられるような印象で、またこの色彩での展開も楽しみになってきます。


小野さおり_03.JPG

小野さおり_02.JPG



バラエティに富む線の表情やメインの色調のなかに収まるさまざまな色彩、微妙にぼやかされる輪郭が独特の緩さをその世界にもたらし、得難い心地よさを持ち合わせる不思議なイメージとなって届けられます。
そして、作品それぞれの画面の仕上がりの美しさにもおおいに感じ入ります。すうっと染み渡るように広がっていく色や質感は、画面のフラットさによってその風合いが失われることなく観る者に届けられ、それが描かれる世界へと意識をスムーズに誘ってくれるんです。


小野さおり_01.JPG
posted by makuuchi at 05:45| review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。