2011年04月19日

review:森裕子「フーコーの振り子とコリオリの力」《3/26》

review:森裕子「フーコーの振り子とコリオリの力」《3/26》

森裕子「フーコーの振り子とコリオリの力」
Ohshima Fine Art
東京都新宿区西五軒町3-7 ミナト第三ビル3F
03-3235-2271
3/26(土)〜4/16(土)日月火祝休
13:00〜19:00
森裕子110326.jpg

Yuko Mori solo exhibition 'Foucault Pendulum and the Coriolis Force'
Ohshima Fine Art
東京都新宿区西五軒町3-7-3F,Nishi-Gokencho,Shinjuku-ku,Tokyo
03-3235-2271
3/26(Sat)-4/16(Sat) closed on Sunday,Monday,Tuesday and national holiday
13:00-19:00
Google translate


やさしく膨らむように広がるふわふわとした色彩感。これまで拝見した印象と比べても用いられる色が明るく軽やかになって、それが独特の丸みを帯びるタッチによって緩やかで爽やかな幻想世界が紡ぎ出されていきます。
ひとつの画面に描き重ねられるさまざまな要素、佇んでこちらを見据える動物や巣にきゅっと並んで詰まってさえずる小鳥たち、空を優雅に飛ぶ渡り鳥の一群などの命を宿すものたちの無垢な生命の感触がポジティブな雰囲気をもたらして、そしてその真ん中に登場する人物の中世の出で立ちがファンタジックな印象をさらに強めて、何だか爽やかで楽しい気分に満たされていきます。


森裕子_38.JPG 森裕子_37.JPG 森裕子_36.JPG 森裕子_35.JPG

森裕子_34.JPG



その中世の気配がそれぞれの作品で発せられ、それが多彩な色合いの作品群にひとつの世界観を貫いていきます。
これらは磁器のオブジェがモチーフとなっているとのことで、それを意識するとおしとやかな佇まいがとたんにかわいらしく思えてきます。子供の頃にやったように、人形を自分に置き換えて、描いた想像の世界に登場させるような遊び心のようにも感じられたり、また一方でその磁器がふわりと幻想の世界を奏でてそれが広がっているような感覚も届けられるように思えます。


森裕子_33.JPG 森裕子_32.JPG 森裕子_31.JPG

森裕子_30.JPG 森裕子_29.JPG 森裕子_28.JPG

森裕子_27.JPG



紡がれる幻想的な世界は、それぞれの画面で伸びやかに展開され、バラエティに富んだ情景が次々に現されていきます。
磁器の人形などのかわいらしい表情と細かい描写がひとつひとつの情景への意識が入り込んでいく入り口となって、スムーズにその世界へと誘われていきます。
そして湧くような筆跡で描かれていくその場面には不思議な奥行きが漂い、さらに不思議で心地よい感覚が心を満たしていくように思えます。


森裕子_26.JPG 森裕子_25.JPG 森裕子_24.JPG

森裕子_23.JPG 森裕子_22.JPG 森裕子_21.JPG

森裕子_20.JPG



明るい、白を基調としたような色彩感の作品からは、ふわりと浮遊して膨らむような雰囲気がひときわ強く届けられます。至近で眺めると絵の具の質感の生々しさがしっかりと伝わってきてその表情にも惹かれ、それらが醸し出すやさしい気配によって全体の風景の爽やかな風合いに森さんの作品らしいふくよかな深みがもたらされているようにも思えます。
縮尺も多彩に展開されてさまざまな要素が画面に配されて、そのおだやかな遊びの感覚がひたすら緊張をほどいてくれます。咲く花の麗らかさや動物たちの愛らしさ、そういった生命の感触が中央に佇む磁器の女性に命を宿らせて、そこから物語が始まっていくような印象も思い浮かんできます。


森裕子_19.JPG 森裕子_18.JPG 森裕子_17.JPG

森裕子_16.JPG 森裕子_15.JPG 森裕子_14.JPG

森裕子_13.JPG



小さな画面の作品でも、要素の数こそ抑えられるものの小気味よくその幻想的な世界が紡がれていきます。


森裕子_12.JPG 森裕子_11.JPG

森裕子_10.JPG



そういったなかでも、用いられる色彩の数が抑えられた、透明感のある青と白とで綴られる作品が印象に残ります。
たくさんの色が使われる作品のおおらかさ、明るさとは裏腹に、用いられている色彩の印象も相まってほんのりと暗さや淋しさが奏でられているような感じがあって、展示全体でもアクセントとして効いていたように思えます。


森裕子_09.JPG 森裕子_08.JPG 森裕子_07.JPG 森裕子_06.JPG

森裕子_05.JPG



磁器の人形を登場させず、風景や静物のみの作品も。
森さんらしい筆致のふわふわとした味わい深さをやさしく漂わせます。


森裕子_04.JPG 森裕子_03.JPG

森裕子_02.JPG



ひとつの物語が横たわり、それによって紡がれる様々な場面とおおらかに散りばめられる色彩が明るい雰囲気で空間全体を満たし、それに包み込まれる感覚が心地よく感じられた次第です。


森裕子_01.JPG
posted by makuuchi at 06:08| review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。